時間外ドックのメリット

完全予約制で待ち時間がありません。

当院の人間ドックは、夜にできます。
18時~23時までで予約をお願いいたします。

仕事帰りにゆっくり検査できます。
検査結果はファイルに入れて郵送いたします。
採血と腫瘍マーカーの詳細な項目は以下です。

採血項目

総ビリルビン、AST、ALT、γ‐GTP、血清Amy、HDL・LDLコレステロール、中性脂肪、BUN、クレアチニン、ナトリウム&クロール、カリウム、グルコース、末梢血液一般、末梢血液像

肝臓・膵臓・腎臓の機能、善玉・悪玉コレステロール、中性脂肪、電解質、糖尿病、感染の有無、貧血などが分かります。

腫瘍マーカー

男性:CEA、CA19-9、PSA
大腸・胃・肝臓や消化器系の癌、前立腺癌で上がります。

女性:CA125、CA15‐3、CA19-9
女性に多い乳癌、卵巣癌、子宮癌などで上がります。

毎日19時~23時まで行っています。電話予約をお願いします。

ドッグの種類 検査内容 検査料金
全身ドック 頭部MRI+MRA(脳血管撮影)+胸腹部CT+採血+腫瘍マーカー 当院で一番お薦めの検査です。
全身を高度医療機器で調べて、癌を含むあらゆる病気を発見します。
採血で糖尿病・脂質異常などの異常がないかを調べます。
腫瘍マーカーで癌の有無を調べます。
50,000円
脳ドック 頭部MRI+MRA(脳血管撮影)
頭痛やめまいなどの頭の症状でお悩みの方にお薦めの検査です。
脳に病気がないか、脳血管に異常がないかを調べます。
30,000円
肺ドック 胸腹部CT(肺気腫CT含む)+スパイロ(肺機能)検査
喫煙される方にお薦めの検査です。
肺が壊れて肺気腫になっていないか、肺癌がないか
肺年齢がどれくらいなのかなどが詳細に分かります。
30,000円
生活習慣病ドック 胸腹部CT(内臓脂肪CT含む)+採血
生活習慣病の状態を詳しく知りたい方にお薦めの検査です。
胸腹部に、癌の有無や生活習慣病による血管病変がないかを調べます。
さらに、内蔵脂肪CTを撮影し、内臓脂肪の量を調べます。
採血で糖尿病・脂質異常などの異常がないかを調べます。
30,000円
脊椎ドック 頸椎MRI+腰椎MRI
頸部痛、背部痛、腰痛、上肢・下肢のしびれで悩んでいる方にお薦めの検査です。
痛み、痺れの部位をチェックシートで詳細に調査し、頸椎、腰椎のMRIを撮影し、原因を調べます。
45,000円

まずは検診を受けることが大切です。お気軽にお尋ねください。

時間外脳ドック

脳腫瘍
脳腫瘍

自費による検査で、費用は20,000円です。
頭部MRI・MRA(脳血管画像)を撮影し、専門医2名による詳細な判定レポートと画像をCDにしてお送りいたします。

下の写真は当院の検査で
発見された病変です。

脳動脈瘤
脳動脈瘤

頭部の病気は、症状がなく進行する場合が多いです。
仕事で忙しく、検査を受ける時間がない方にお勧めです。

脳静脈血管腫
脳静脈血管腫

予約は受付で行っております。
お気軽にお尋ねください。

脳ドックレポート

レポートサンプル
レポートサンプル

>>reportsample.pdf

時間外肺ドック

時間外肺ドック

肺CTに特殊な処理をすることで壊れた肺胞の割合を知ることができます。
肺年齢、呼気中の一酸化炭素濃度も調べます。

検査結果をもとに、禁煙への動機づけを行います。
禁煙を考えていますが、通院する時間がない方にお勧めです。
まずは検査をしてみましょう。

時間外生活習慣病ドック

時間外生活習慣病ドック

高血圧、高コレステロール、糖尿病は、様々な病気を引き起こします。
しかも症状もなく進行していきます。採血でこれらの病気がないかを調べます。

腹部CTで内臓脂肪の厚さも測定します。
自営業などで、今は元気で症状もなく、病院にかかる機会が少ない方へお勧めの検診です。

時間外脊椎ドック

時間外脊椎ドック

肉体労働や長時間のデスクワークをされる方で、頸部痛、腰痛、手足のしびれがある方にお勧めの検査です。
頸椎・腰椎を調べることで、上肢・下肢の神経を一度に評価できます。

時間外がんドック

時間外がんドック

癌を初めとして、様々な病気を探すことができます。
短時間で、頭から骨盤内まで調べますので、手足以外のほぼ全身を検査できる非常に有意義な検診です。

脳・人間ドッグ・生活習慣病検診

「脳梗塞などの脳の病気の危険因子」を発見するための健康診断です。
現在は無症状ですが、脳の健康状態が気になる方にお勧めの検査です。

日本脳ドック学会のガイドラインに準じた脳ドックプランですのでご安心ください。

1日目
・医師問診
・採血、検尿
・脳MRI、MRA
・頸部エコー検査

2日目
・血圧
・身長体重測定
・心電図検査
・医師による結果の説明

※人間ドックと同様、発病していない方を対象とした検査ですので、保険は適用されません。
症状のある方は、保険診療での検査になります。

高血圧、脂質異常症、糖尿病などの生活習慣病は、内臓脂肪型肥満が深く関与しています。

内臓脂肪型肥満により、様々な病気が起こりやすくなった状態を、メタボリックシンドロームと言います。

特殊なCTを用いて、内臓脂肪を測定することで、メタボリックシンドロームを正確に診断します。

生活習慣病が続くと、徐々に動脈硬化を生じ、脳梗塞、心筋梗塞などを起こします。
当院では、腕と足の血圧を同時に測ることで、簡単に 「動脈硬化の程度」を測定し、血管年齢も調べることが出来ます。

特定健診項目 血液検査、胸部X線、尿検査、心電図、便潜血検査
胃・大腸
内視鏡検査
当院では仮想内視鏡検査を行っております。
エコー検査 心臓の動きを見たり、お腹の臓器を評価します。
CT検査 主に胸部、腹部、頭部(脳出血)を評価します。
MRI検査 主に脳、下腹部、四肢を評価します。 脳血管を映すMRA検査も可能です。
その他の検査 骨年齢、肺年齢、血管年齢、ピロリ菌検査、不整脈検査など。

各種検査を用意しております。組み合わせて施行することもできます。
ご提案できますので、まずはご相談ください。

心臓エコー検査

僧帽弁逸脱症が発見されました。
僧帽弁逸脱症が発見されました。
ドップラー検査で、僧帽弁で血液の逆流を認めます。
ドップラー検査で、僧帽弁で血液の逆流を認めます。

高血圧がある方は心臓に病気が見つかる場合があります。

頸動脈エコー検査

頸動脈にプラーク(血管内のごみのようなもの)を認めます。大きさによっては、内服や手術が必要になります。
頸動脈にプラーク(血管内のごみのようなもの)を認めます。大きさによっては、内服や手術が必要になります。

3D-CT angiography(3D-CTA)

3D-CT angiography(3D-CTA)

高血圧や糖尿病のある方の全身の血管の評価に用います。
胸部・腹部の大動脈瘤や、下肢の血管の閉塞の程度を、視覚で分かりやすく伝えます。